orange

高野苺

「翔を失わない未来」のために、今の自分ができること——。

高校二年生の春、10年後の「私」から一通の手紙が届いた。そこには「自分とは同じ後悔をしないでほしい」という、16歳の「私」への願いが綴られていた…。