福満しげゆき先生に憧れてマンガを描いてみたコミュ障OLの日常。


月刊アクション創刊第2号が遂に発売となりました!!今号よりスタートする5本の新連載のうちの一つ、

菊地奈緒美先生の『不安ガール』を、福満しげゆき先生の担当編集もさせて頂いているK澤がご紹介します。

 不安01

菊地先生のデビューのきっかけは「漫画アクション」編集部への持ち込みでした。

20代前半のOLさんからの持ち込みは非常に珍しかったので、

マンガを描き始めた理由を聞くと、

「マンガ家になれたら、会社を辞められると思って…」

アクションへ持ち込んだ理由を聞くと、

「福満先生が載っているし、好きな雑誌なので…」

その後、紆余曲折あって「月刊アクション」でデビューする運びとなりました。

原稿が出来上がり、それを読んだ若手女子編集部員が感想を一言、

「この主人公(=著者)、ムカつきますね」

一方、別の女子編集部員は、

「すっごく共感する! 自分を見てるみたい!!」

と意見が真っ二つ。

 

こんな感じで…

こんな感じで…



こんな感じです。

こんな感じです。



どうですか?

ムカつきますか?

共感しますか?

ニコニコ静画「月刊のアクション」でもオリジナル描き下ろしを連載していますので、

併せてお楽しみください。毎月10日配信です。

あと、エゴサーチに余念がない福満先生からのご感想お待ちしております。

以上、K澤でした。

イヒー。